プロフィール

豊島 和賀子  Wakako Toyoshima

誕生日:1972年 1月 26日(水瓶座)

家 族:優しい旦那様

    純な男の子2人の4人家族

資 格:発達障害コンサルタント

    カラーセラピスト

職 業:あったかフォトグラファー

写真への想い

以前までは、子育てでいっぱいいっぱいで、自分の人生などあまり考えていなかった毎日でした。

子供から手が少し離れ、振り返ってみると・・・○○くんのお母さん、○○さんちの奥さん・・・

私の事を誰も下の名前で呼んでくれない・・・

自分らしさって何だろう・・・と考えていくうちに

自分に自信の持てる何か大好きなことが見つからないかな?

充実した毎日を送れたらどんなに楽しいだろうな~

そんな日々を過ごしていたある日、友人と参加した“宝地図ナビゲーター養成講座”で素敵なカメラマンの方と出逢い、私の人生の転機が訪れました。

「私もこんな風に目の前の人を喜ばせてあげる仕事がしたい!」と、カメラマンになる決意をしたのです。

そこから独学で学び、「とにかく機能よりも、その人のいい表情の瞬間を捕える!」そのことに重点を置いてやってきました。

ありがたいことに、知り合いや知人の紹介の方からお声がかかるようになり、お金を頂く以上は、納得のいくものをお渡ししたい!という想いがさらに強くなっていきました。

その時、フェイスブックで一際輝くプロフィール写真と出逢いました。

その写真を撮影されたプロのカメラマンに猛烈アタックし、大阪へカメラ修行に行き、撮影現場やカメラレッスンなどを受け、しっかり技術面にも磨きをかけることができました。そのお蔭で、プロフィール写真を中心に、各種イベントや記念撮影など、様々なシチュエーションの笑顔を納めることができました。

 

家族写真を手掛けるきっかけになったのは、長男の子育ての気づきからでした。

発達障害の長男は成長がゆっくりなため、子育てから普通にできることのありがたさを感じ、なにげない日常にこそ幸せがあると実感。
でも見ることができない。。。
その「幸せ」を形にして見せてあげたい。「幸せ」に気付いてほしい。

その想いから、家族写真は「幸せに気づける写真」を目指して日々撮影してます。

カメラがご縁で、沢山の方との交流ができ、教えて頂くことばかりですが、学べる幸せを実感しています。

素敵な出逢いに感謝致します。

あなたと“ご縁”がありますように。